資料

ボルドー61シャトー格付けの覚え方

ボルドーのメドック61シャトーの格付けは、ソムリエ・ワインエキスパート試験を受けようと思うと、まず最初に立ちはだかる壁になります。

これが覚えられなくて試験を断念する人も多いのですが、それはあまりにももったいないです。

エピソードやグループで分けることで飛躍的に覚えやすくなりますので、かならず61シャトーをものにしましょう。

 

1級 5個

Château Haut-Brion, Pessac, AOC Pessac-Léognan

Château Lafite-Rothschild, Pauillac, AOC Pauillac

Château Latour, Pauillac, AOC Pauillac

Château Margaux, Margaux, AOC Margaux

Château Mouton Rothschild, Pauillac, AOC Pauillac

1級は正直に言えば覚えるも何も、ワインの世界ではよく耳にしますので知りたくなくても耳に入るかもしれません。

そのうえで、各シャトーを検討すると、

まず一般的に1級の中のトップとされるのはポイヤックのChâteau Lafite-Rothschildです。

1級の中でも最も知名度が高いのはChâteau Margauxで、これはマルゴー村なので覚えやすいですね。

グラーヴ地区から唯一選出されたのがChâteau Haut-Brionで、ぺサック村にあります。

さらに、1973年に唯一2級から1級に昇格したのがChâteau Mouton Rothschildで、毎年芸術家にラベルを依頼するアートラベルで有名です。

そして最後のChâteau Latourはもっとも凝縮感があり、またヴィンテージによる差が少なく手堅いシャトー運営で知られています。

この5つのうち、ラフィット、ムートン、ラトゥールの三つはポイヤック村にあり、

マルゴー村のシャトーマルゴー

グラーヴ地区のオーブリオンと覚えましょう。

 

2級

Château Brane-Cantenac, Cantenac, AOC Margaux

Château Cos-d’Estournel, Saint-Estèphe, AOC Saint-Estèphe

Château Ducru-Beaucaillou, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Durfort-Vivens, Margaux, AOC Margaux

Château Gruaud-Larose, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Lascombes, Margaux, AOC Margaux

Château Léoville-Barton, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Léoville-Las-Cases, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Léoville-Poyferré, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Montrose, Saint-Estèphe, AOC Saint-Estèphe

Château Pichon-Longueville-Baron-de-Pichon, Pauillac, AOC Pauillac

Château Pichon-Longueville-Comtesse-de-Lalande, Pauillac, AOC Pauillac

Château Rauzan-Ségla, Margaux, AOC Margaux

Château Rauzan-Gassies, Margaux, AOC Margaux

2級になると一気に数が増えますが、よく検討するといくつかのグループに分けられますので、そこをヒントに覚えましょう。

まずは二つのピション、Château Pichon-Longueville-BaronとChâteau Pichon-Longueville-Comtesse-de-Lalandeはともにポイヤックにあって、同じシャトーピションでした。

このうち、バロンのほうは男爵の意味、コンテスは伯爵夫人の意味で、相続問題で実際に男女でこのように別れました。

 

つぎに、サンジュリアンのスーパーセカンドのレオヴィルラスカーズ要する三つのレオヴィル、

さらにマルゴー村の二つのローザンももともと同じシャトーでしたが相続あるいは紛争で分割をします。

 

そして、スーパーセカンド、つまり1級に限りなく近いシャトーとして、

61シャトーのうち最も北にあるシャトーモンローズと、アジアでバカ受けしたため東洋風のシャトーのコスデストゥルネルはサンテステフにあります。

 

さらに、「きれいな小石」の意味のボーカイユも評価が高く、これはサンジュリアンにあります。

 

そして、カントナックの付くワインはすべてマルゴーにあって、級をまたぎますが

ブラーヌカントナック(2級)

カントナックブラウン(3級)

ボイドカントナック(3級)

ですので、これも覚えやすいです。

 

このように検討すると、残りは

Château Durfort-Vivens、Château Gruaud-Larose、Château Lascombesしかありません。

3級

Château Boyd-Cantenac, Cantenac, AOC Margaux

Château Calon-Ségur, Saint-Estèphe, AOC Saint-Estèphe

Château Cantenac-Brown, Cantenac, AOC Margaux

Château Desmirail, Margaux, AOC Margaux

Château Ferrière, Margaux, AOC Margaux

Château Giscours, Labarde, AOC Margaux

Château d’Issan, Cantenac, AOC Margaux

Château Kirwan, Cantenac, AOC Margaux

Château Lagrange, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château La Lagune, Ludon, AOC Haut-Médoc

Château Langoa-Barton, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Malescot-Saint-Exupéry, Margaux, AOC Margaux

Château Marquis-d’Alesme, Margaux, AOC Margaux

Château Palmer, Cantenac, AOC Margaux

まず、3級はマルゴーが圧倒的に多い、とおさえましょう。14あるうちのじつに10個がマルゴーAOCです。

そのため「マルゴーの3級」として10個だけ覚えればほかは強烈なシャトーが多いので勝ったようなものです。

 

残りのシャトーのうち、印象的なものとして、

カップルに大人気のハートマークのラベルのカロンセギュールがサンテステフ、

サントリーが社運をかけて買収したラグランジュがサンジュリアン

61シャトーのうち最も南のララギューンがオーメドック

で、残りはChâteau Langoa-Bartonだけになります。

 

4級

Château Beychevelle, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Branaire-Ducru, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Saint-Pierre, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Talbot, Saint-Julien-Beychevelle, AOC Saint-Julien

Château Duhart-Milon, Pauillac, AOC Pauillac

Château Lafon-Rochet, Saint-Estèphe, AOC Saint-Estèphe

Château Marquis-de-Terme, Margaux, AOC Margaux

Château Pouget, Cantenac, AOC Margaux

Château Prieuré-Lichine, Cantenac, AOC Margaux

Château La Tour-Carnet, Saint-Laurent-de-Médoc, AOC Haut-Médoc

61シャトーのうち、最も覚えづらいのは間違いなく4級です。

そのため、まずはAOCで多いものとして、マルゴー村の3つ、サンジュリアンの4つをまずは覚えましょう。

そのうえで、ロートシルト家のデュアールミロンは重要です。ポイヤックと覚えましょう。

すると残りはChâteau Lafon-RochetとChâteau La Tour-Carnetだけになります。

 

5級

Château d’Armailhac, Pauillac, AOC Pauillac

Château Batailley, Pauillac, AOC Pauillac

Château Haut-Batailley, Pauillac, AOC Pauillac

Château Grand-Puy-Ducasse, Pauillac, AOC Pauillac

Château Grand-Puy-Lacoste, Pauillac, AOC Pauillac

Château Haut-Bages-Libéral, Pauillac, AOC Pauillac

Château Lynch-Bages, Pauillac, AOC Pauillac

Château Lynch-Moussas, Pauillac, AOC Pauillac

Château Pédesclaux, Pauillac, AOC Pauillac

Château Pontet-Canet, Pauillac, AOC Pauillac

Château Clerc-Milon, Pauillac, AOC Pauillac

Château Croizet-Bages, Pauillac, AOC Pauillac

Château Belgrave, Saint-Laurent-de-Médoc, AOC Haut-Médoc

Château Camensac, Saint-Laurent-de-Médoc, AOC Haut-Médoc

Château Cantemerle, Macau, AOC Haut-Médoc

Château Cos-Labory, Saint-Estèphe, AOC Saint-Estèphe

Château Dauzac, Labarde, AOC Margaux

Château du Tertre, Arsac, AOC Margaux

5級も数が多く、一見すると大変に思えますが、ここはポイヤックの集中している級として押さえましょう。

18個の5級シャトーのうち、ポイヤックは12ありますがここもいくつかのグループに分けられます。

まず、「戦い」の意味のバタイイとオーバタイイ、

5級の中でもトップの評価のランシュバージュにちなむワインとしてクロワゼバージュ、ランシュムーサ、オーバージュリベラル

ロートシルト家の経営のダルマイヤックとクレールミロン

ランシュバージュとともにトップ評価のポンテカネ

これを覚えれば残りはペデスクローしかありません。

 

さらに、オーメドックが三つあって、マルゴーが二つ、サンテステフが一つありますが、

このうちコスラボリーは2級のスーパーセカンドのコスデストゥルネルの弟分、

オランダ商人と直の取引で表に出なかったため格付けに一時は漏れてしまったカントメルル、

とおぼえれば、残りは少しです。さすがにここは気合で覚えましょう。

 

5 3 votes
いいね!
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments