ワインブックスのAIサービス

ワインブックスがファインチューニングしたAIソムリエのチャットボットを利用して、あなたのワインライフの質を高めましょう。

CHAT GPTは、汎用的で人間の言葉と区別がつかないほどの完成度の高い返答ですが、専門用語への対応に難がありました。

ワインブックスがトレーニングをしたAIソムリエのチャットボットを活用することで、いつでもあなたのワインライフのサポートをします。

これにより、検索エンジンで「どれが価値のあるページなのか」を探す手間がなくなります。

特に飲食店やワインショップであれば、最もAIソムリエに対応してもらいたいのは「あなたのお店のワインに関する情報」でしょう。

これもワインブックスが対応します。

フォームからあなたの知りたいワインを送信いただくことで、3営業日以内にトレーニングをします。

AIとワイン

ワインブックスのチャットボットがあれば、あなたのお店にソムリエの代わりとして活用いただくことも可能です。

ワインを置こうと思っていたけど自身がない、実際にワインを置いているけどうまく運用ができていない。

そんな場合にも活用いただけます。

例えばワインに詳しいお客様が来て、「このワインのブドウ品種は何?」と聞かれたとしましょう。

これまではワインに詳しい専門スタッフが常駐しないといけないか、あるいは時間をかけて都度調べることになります。

ワインブックスのチャットボットがあれば、ほとんどの質問にその場で回答することができます。

お客様の信頼を損ねることなく、かつ、時間をかけずに対応することが可能になります。

「フランスで最もAOCの多い地域は?」

例えば、既存のCHAT GPTに「フランスで最もAOCの多い地域は?」と聞いても、思うような回答は得られません。

トレーニング後

WBSが適切にトレーンングをすることで、フランスで最もAOCの数が多いのはブルゴーニュであること、さらにこの知識とともに何が学習にとって大事なのかがアドバイスをされています。

ワインライフ

試験

試験向けにトレーニングをしたチャットボットなので、わからないことをその場で適切に対応ができます。

成長

WBSがどんどんトレーニングを進めますので、あなたのワインライフにアジャストをして成長させられます。

導入

飲食店でのワインサービスの心強いサポートにご活用いただけます。

AIに触れる

AIは決して恐れるものでもなく、得体の知れないものでもありません。

WBSが適切にトレーニングしましたので、どうぞ安心してご活用ください。

これからAIはますますあなたの生活、ワイン界に入り込んできます。

いち早くAIに触れ、賢く活用する側になりましょう。

ご自宅のワインとAI

いつでも気軽に聞ける、あなたのソムリエ

あなたがご自宅で大事にしているワインがあるとします。これをトレーニングしておくことで、いつでもあなたのワインの適切な情報をAIチャットボットに尋ねることが可能です。

WBSは多くのワインファンが参加しているため、多くの意見が寄せられる素地があります。これを適切にAIソムリエに反映させています。

POINT

AIを活用するうえで、必ず押さえなければならないのが、AIは完ぺきではない、というポイントです。

WBSが適切にトレーニングをしても、それでも正答率は100%にはなりません。

AIはトレーニングをした問題、過去の事象については強いのですが、予測をしたり、まだ世に出ていない情報については答えることができません。

これまでの「機械は間違わない」という常識でAIと接すると、間違いを信頼してしまったり、人間が自分で考えることをしなくなることもあり得ます。

そのため、AIは参考にはしても、最終的な判断はあなたがする。ここはしっかりと押さえておきましょう。

 

よくある質問

WBSのAIサポートのよくある質問

はい。一般会員様であれば追加料金はかからずにいつでもお使いいただけます。

いいえ。AIが必ず正しいということはありません。WBSが適切にトレーニングをしていますが、必ず正しいということはお約束しておりません。

恐れ入りますがトレーニングは店舗様のみのサービスとなっております。
詳しくは店舗様向けAIソムリエサービスをご参考ください。

個別トレーニングについては飲食店様向けのAIソムリエサービスのみとなっております。あらかじめご了承ください。

いいえ。WBSは同時のログインは1デバイスのみとなります。

複数のデバイスでログインしてAIを使いたい場合は、別途一般会員の登録が必要です。

料理店

欲しいときにワインサービスのアドバイスをAIがします。

ワインショップ

専任のソムリエがいない時間帯にも対応できるようになります。

趣味のワイン

お気に入りのワインをトレーニングさせて、好きな時に情報を引き出せます。

AIに慣れる

いち早くAIに触れて、ワイン界の未来を体験しましょう。

お勧めしないケース

WBSは正直に、うそをつかないことを大事に運営しています。

そのため、以下のような場合はご利用をお勧めいたしませんので、必ず事前にご確認をください。

AIサービスについては、

①完璧さ、正確さが重要である場合

②学習の根拠として利用する場合

③AIに対してネガティブな印象をお持ちの場合

これらの場合はご利用はお勧めいたしません。ミスマッチの可能性があるため、ご利用はされないようにしてください。

あらかじめご了承ください。

WBSのAIサービス

AIサービスご利用のコツ

AIには、”プロンプト”といって、「どのように指示を出すか」が非常に重要です。

出来る限り具体的に「何が知りたいのか」「何が対象なのか」をはっきりさせることで、より回答が得やすくなります。

ムルソーの生産できる色が知りたい場合に、いきなり「ムルソーの色を教えて」と聞くと、ムルソーワインの色なのか、生産量の多いワインの色なのか、それともムルソー村の色なのか何なのかAIは理解できません。

「ムルソーワインの生産可能な色は?」と聞くことで、はっきりとした回答が得られるようになります。


プロンプトのコツについてはこちらをご覧ください→

準備はできましたか?

長々とした説明を申し訳ございませんでした。

ここまでお読みのあなたであれば、WBSのAIサービスを120%活用できるはずです。

ボタンをクリックして、WBSのAIサービスを体験してください。