ワインブックスオンラインスクール

高難易度問題対策資料

【現在追加中です。4月ころ完成予定となっております】

 

ソムリエ・ワインエキスパート試験は、

①過去問、常識的な問題からの出題が50~60%

②やや難易度の高い問題が30~40%%前後

③高い難易度の問題、出題頻度の低い問題が10~20%

となっています。

 

このうち、①と②は普段のワインブックススクールのテキスト、ソムリエ協会教本で十分に学習できる範囲となっております。

そのため、合格するのであれば①と②が確実に押さえられていれば何の問題もなく合格ができるようになっています。

しかし、生徒様の本音としては

「できれば高得点で合格したい」「安心感をもって試験に臨みたい」

という声は根強く、この声にこたえる形で作成したのが高難易度問題対策です。

 

これは、③の出題に対応をしたものですので、①と②に適切に取り組むことによって効果が最大化するものとなっております。

逆に、①と②が取り組めていない状態ですと、効果は薄く、学習効率は低いものとなります。

 

【取扱注意】

この資料は、過去の生徒様の声や実績と経験を反映し、スクールチームで作成をさせていただいたものです。

そのため、取り扱いについては最大限の配慮をお願いいたします。

・スクール生以外の方との共有

・サイトやSNSでの公開

については固くお断りしますので、なにとぞご協力をお願いいたします。