常温減圧濃縮について

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後に匿名により3ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #15973
    匿名

    こんにちは。
    ウェブ講義「1-30 ワイン概論②コニャック・アルマニャック」を視聴させていただきました。

    19:53:18(動画の52:22)「(常温減圧濃縮とは)ワインから水を抜く製法になります」
    19:53:33(動画の52:37)「タンクにワインを詰めて・・・真空にすると水分が蒸発して抜ける」

    とおっしゃっておられますが、詰めるのは「ワイン」ではなく「果醪」ではないでしょうか?
    ワインを詰めてしまうと減圧した際に水分(1気圧での沸点100℃)ではなくより沸点の低いアルコール(1気圧での沸点78.3℃)が先に抜けてしまいます。蒸留酒と同じ原理です。
    これではアルコール度数を上げることはできず、むしろ下がってしまうと思いますが、いかがでしょうか。

    ソムリエ教本2021 p.31にも常温減圧濃縮に関して「・・・・、真空容器内で果醪を減圧状態にすると、常温で果醪から水分が蒸発し、水分を回収できる」と記載されております。
    実際に行われているかどうかはわかりませんが、果醪ではなく搾汁したブドウ果汁の段階で詰めても濃縮した果汁を得ることは可能だと思います。

    以上、ご指導のほどよろしくお願いします。

    #15975
    WINEBOOKS-SCHOOL
    キーマスター

    Speedster様
    ワインブックスの前場です。
    ご指摘ありがとうございます。私の間違いです。申し訳ございません。
    動画を修正することはすぐにはできませんので、動画に注記をし、今後の修正点に追加させていただきます。

    お詫びのうえ、修正させていただきます。重ねまして申し訳ございませんでした。
    前場

    #15978
    匿名

    前場先生

    迅速な返信ありがとうございます。
    丁寧な講義でとても勉強になります。

    終盤に集中力が切れそうになっているときに「頑張って食らいついてきてください」という言葉をかけていただくことで最後まで続けることができています。
    あの絶妙なタイミングでの声掛けが嬉しいです。
    これからもよろしくお願いします。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。