エクセレンス試験必勝日記。三次試験(サービス実技)の攻略方法②

こんばんは。

ワインブックスメンターでソムリエ・エクセレンスのなーなです。

 

前回は、ソムリエエクセレンスの三次試験がどんなものかについてお伝えしました。

今日は具体的に私の行った三次試験の対策についてです!

 

最低限必要な道具

  • ストップウォッチ
  • 録画 or 録音機能

どちらも、スマホの機能で出来ますね。

まずこの2点を準備してください!

以下は、サービス実技練習で実際に私が使ったものです。

  • ワインの空き瓶
  • 紙ナプキン
  • お盆
  • デキャンタージュ用のカラフェ
  • ロウソクか懐中電灯
  • ワイングラス3脚(INAOのテイスティンググラスがベスト・本番もコレだから)
  • お皿3枚(コルク、ワインボトル、カラフェを置く)
  • 制服(ある人は)
  • リトー

私の場合は家にあるものをかき集めて実施してました。

探せば100均で揃うものも多いですし、私は休憩時間に制服を着用したままで練習してました。

一度の練習で片付け、準備含めて5分それを3セット。と考えたら1日15~20分。

それだけの時間は集中してやろうと決めました。

サービス実技対策

実はものすごい大切。イメトレ

私の場合、ソムリエ協会の模範動画に加え、コンクールの動画を毎日見ていました。

全日本ソムリエコンクール、中でも2019年のA.S.I.世界最優秀ソムリエのMarc Almetの動画は、セリフを一部覚えるくらいまで見ました。

個人的には、Marcのベガ・シシリアのサービス実技が好きすぎて、そこを鬼リピしてました。

ソムリエ協会の模範演技動画は説明書

モレがなく、使うための備品も完璧ですし。デキャンタージュの理由もわかります。

しかし、実際の試験時間はたったの3分。模範演技と同じスピードで動いていたら明らかにタイムアウトです。

そこで参考にしたのが、コンクール。

選手たちの動き、PRしているポイント、勝てるソムリエが共通して行っているのは、どんな動きなのか??を意識して見ていました。

みんなテキパキ動いています。

そして、コンクールでは6~8人程にサービスするのに4~6分迷っていいたらアウトです。

体に手順を染み込ませて、テキパキ動く。

反復練習が実を結びます。

水とストップウォッチで練習

イメトレの次は、自分でも実際にやってみることです。

私はお値打ちなワインをケースで買い(おそらく一般呼称のときも皆様同じことをしたはず)

試験までの日数を逆算し、カレンダーに水で練習する日、本物のワインで練習する日を決めます。

1日最低3回ワインの場合は残りの2回は水練習)デキャンタージュからサービスまでの流れを練習しました。

練習パターンも日にちごとに決めて動いていました。(の場合、白ワインエアレーション、赤ワインデキャンタージュ

つまり、練習スケジュールを組み、それをプログラムとして日々のルーティンに組み込みました。

 

これも一次試験の時と同様、体に叩き込む練習です。

 

水練習でも、笑顔、背筋を伸ばす。は必須です。

これを毎日3分時間を図りながらやるのですが、なかなかゲストまでのサーブに辿りつくのが難しく、大抵はホストテイスティングで終わってしまいました。

(私は本番もホストテイスティングまでしか辿りつけませんでした。)

最後まで辿りつけなく落ち込んでしまっても、次のお題が出題された!と想定し

出来なかったと自分を責めず、次のお題へと気持ちを切り替えるというメンタルトレーニングも意識しました。(←めちゃくちゃ大切)

 

例のごとく、熱が入り長くなりました。笑

今日はここまで。次回は口頭試問の対策についてです!

 

練習問題コーナー

前回答え合わせ

1.オーストラリアワイン産業全体としての環境保全に関するプログラムを何と言いますか?言語で回答してください(教本170P)

Australia Winegrowing Sustainable

運営を行っているところはオーストラリアワイン研究所(AWRI)←これもスペルアウトできるのはエクセレンスでは大切。

 

2.バズビー・クローン」の一例としてオーストラリアの多くで栽培されている、クロ・ド・ヴージョの畑から来たとされる、ピノ・ノワールのクローン名を回答してください(教本171P)

→MV6

ピノ・ノワールのクローンは世界中で栽培されています。クロ・ド・ヴージョの畑のものです。ニューワールドでは地域特性を考慮して適切なクローン株を栽培している地域が多いです。

ニュージーランドでは、「10/5」スイスより、「UCD5」カリフォルニア州デイヴィス校より、この2つのクローンが代表的です。

 

3.1877年オーストラリアにおいてフィロキセラが発見された地域を回答してください(教本171P)

→ヴィクトリア州ジロング

地図を見てほしいのですが、現在では南オーストラリア州が最大のこの国のワイン生産地となっていますが、オーストラリアの開拓がはじまったのは、東側からです。

しかし、このフィロキセラの事件から逃れるために西へ移動し南オーストラリアに産地が傾斜していきました。

 

4.オーストラリア最古のワイン用ブドウとされている、1843年植樹のシラーズがあるワイナリー名を回答してください。(教本171P)

Langmail  Winery

6世代も続くワイナリーです。世界でも最古のシラーの樹が植わってます。このワイナリーのあるBarossaはシラーズの首都。

 

5.1940年代、欧州に渡り、ボルドーの赤ワイン造りに栄光を受けたペンフォールズ社の醸造技術者の名前を原語で回答してください。(教本171P)

→Max Schubert

Penfords社の醸造技術者です。1951年「Grange Hermitage BINI」はオーストラリアワインの歴史に一石を投じたワインになります。

対して、単一主義畑主義のHenschke社(←書けるように)の「Hill of Grace」も対比しながら覚えておいてください。

 

練習問題

  1. オーストラリアなどのトップレンジの赤ワインが2008年以降採用しているガラス栓を何と呼びますか?(教本172P)
  2. 2020年オーストラリア大手3大トップ3のワイナリー名を原語で回答してください。(教本173P)
  3. クレア・ヴァレーのワイン生産者13社が2000年ヴィンテージから、白ワインに採用したスクリュー栓のことを何と呼びますか(教本173P)
  4. JaumaやLucy Margauxなどの、ナチュラル・ワインの若い造り手が多数登場している南オーストラリアの地区名を原語で回答してください(教本174P)
  5. タスマニアで特徴的な水はけのよい土壌を何と呼びますか?(教本174P)

今日も最後までありがとうございました。

 

エクセレンス受験、大変なものに手を出した。と怖くなってしまっていると思います。

今はそれで、当然です。それでもコツコツ積み重ねてくれば、あのころの自分に大丈夫と言える日が必ず訪れます。頑張ってください。

★お知らせ★
私(なーな)の働くお店、雀の庵では、現在サービススタッフを募集しています。
オーベルジュで本格的な料理に触れたい。ワインをもっと勉強したい。
などご興味のある方、お問い合わせください。(下記画像をクリックするとメールフォームにリンクします)

 

過去の記事も合わせてお読みください

2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策(ドイツ、オーストリア、ルクセンブルク)

こんばんは。 試験まであと少し! それで...
Read More
2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策(ドイツ、オーストリア、ルクセンブルク)

2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策、その3(イタリア)

こんにちは。 たいへー--んにご無沙汰し...
Read More
2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策、その3(イタリア)

2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策、その2

こんばんは。 ワインブックスメンターでソ...
Read More
2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策、その2

2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策

こんにちは。 ワインブックスメンターでソ...
Read More
2021年のソムリエエクセレンス・ワインエキスパートエクセレンス。過去問からの試験対策

一挙公開!!エクセレンス試験、2021年度過去問

こんばんは!   全然関係あり...
Read More
一挙公開!!エクセレンス試験、2021年度過去問

エクセレンス試験、本番までやること多すぎて不安しかない方。まだ間に合う!

こんばんは。 ワインブックスメンターでソ...
Read More
エクセレンス試験、本番までやること多すぎて不安しかない方。まだ間に合う!

エクセレンス的ペアリング考察。ワインのタイプ別、教本のペアリングを実証

こんばんは。 ワインブックスメンターで、...
Read More
エクセレンス的ペアリング考察。ワインのタイプ別、教本のペアリングを実証

エクセレンス的ペアリング考察。味覚からの組み合わせ方。

こんばんは! 更新ご無沙汰しててすみませ...
Read More
エクセレンス的ペアリング考察。味覚からの組み合わせ方。

ソムリエ・エクセレンス的、ペアリング攻略。料理とワインの相性の考え方

こんにちは。 ワインブックスメンターでソ...
Read More
ソムリエ・エクセレンス的、ペアリング攻略。料理とワインの相性の考え方

エクセレンス試験に合格するための、集中力アップの秘訣

こんばんは。 ワインブックスメンターでソ...
Read More
エクセレンス試験に合格するための、集中力アップの秘訣

 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。