にがみ(テイスティング) 苦味

苦味:(英)bitter taste(仏)goût amer

テイスティングにおける苦味とは、苦味の強弱や多少を表現する味わいの指標の一つである。

ブドウそのものの成熟度の高さ(成熟度が高いとタンニンの量、醸造後のアルコール度数が増えることで、苦味も増すと言われている)、アミノ酸類、フェノール類(グリ系ブドウ品種、マセレーション)に由来する。

 

旨味や塩味を伴って感じられることもある。

口の奥を意識してとらえることで判別しやすい。

 

表現方法:控えめ/穏やかな/コク(深み)を与える/旨味を伴った/力強い/突出した


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→