ブッフブルギニョン

ブッフブルギニョン(仏:Bœuf bourguignon)ブルゴーニュ地方の郷土料理である。ブッフとは牛肉、ブルギニョンはブルゴーニュ風という意味。ブルゴーニュの赤ワインを使い、牛肉を煮込んだ料理。

主な材料は、牛肉、ベーコン、人参、玉ねぎ、ニンニク、マッシュルーム、香草、赤ワイン。牛肉を赤ワインに漬け込んでから煮込むため、コクがあり柔らかくなる。

 

日本にフランス料理が紹介され始めたころ、ブッフブルギニョンは高級フレンチでも多く造られていた。

伝統的なフランス料理には煮込み料理のイメージが強かったため、お店のスペシャリテとして提供されていたことも多かった。

しかし実際には、ブッフブルギニョンはレストランでの高級料理ではなく、たまにいただく豪華な家庭料理のイメージの方が近く、そのため現在では高級フレンチレストランではほとんど見かけることはなくなった。

家庭料理としては、ブッフブルギニョンをメインに、ジャガイモのピュレやパスタなどとも一緒に食べられることも多い。

 

合わせるワインブルゴーニュピノ・ノワール。ボージョレ地区のガメイもおすすめ。

 

サムネイル画像:Par Arnaud 25 — Travail personnel, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=30361807


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→