Château Brane-Cantenac シャトー・ブラーヌ・カントナック

シャトー・ブラーヌ・カントナック(Château Brane-Cantenac)は、ボルドー地方ジロンド県マルゴーカントナックにあり、メドック2級に格付けされているシャトーである。

ブドウ品種は、カベルネ・ソーヴィニヨンが65%、メルローが30%、カベルネ・フランが5%を占めている。

テロワールは、水はけの良い砂利質土壌である。


この地は、18世紀にゴルス家が創立したシャトー・ゴルスが前身と言われている。

19世紀にシャトー・ムートン・ロートシルトも所有していた醸造家のブラーヌ男爵がこのシャトーを購入し、シャトー・ブラーヌ・カントナックと改名した。

その後、20世紀初頭にはルルトン家が買収し、19992年には相続により息子アンリが所有者となる。

当時、ルルトン家はメドック2級のシャトー・デュルフォール・ヴィヴァンも所有していた。こちらは、同年もう一人の息子ゴンザグに引き継がれた。

 

シャトー・ブラーヌ・カントナックは、ゴールドに黒のエチケットが特徴的で、タンニンが滑らかなエレガントスタイルである。

セカンドラベルに同じブドウ品種を使ったバロン・ド・ブレインがあるが、それにはカベルネ・フランはほとんど使われていない。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→