Choucroute シュークルート

シュークルート(仏:Choucroute)アルザス地方の郷土料理。細く切られたキャベツに、塩、スパイスを加えて乳酸発酵させたもの。

シュークルートは酸っぱいキャベツを意味する言葉ではあるが、豚肉やソーセージ、ベーコンなどと一緒に煮込んで作る料理もシュークルートと呼ばれる。

また、同様のものがドイツではサワークラウト(独:Sauerkraut)と呼ばれ、家庭料理として親しまれている。

 

材料は乳酸発酵させて作る塩漬けキャベツ(キャベツ、塩、クミン、クローブ、ローリエなどのスパイス)、豚肉、玉ねぎ、じゃがいも、ソーセージ、ベーコンなど。

合わせるワインはリースリング、ピノグリ、ゲヴェルツラミネール。アルザスの白ワインが定番である。

 

サムネイル画像:Par Arnaud 25 — Travail personnel, CC BY-SA 4.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=64365987


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→