co-inoculation コ・イノキュレーション

co-inoculationはワイン醸造用語の一つ。アルコール発酵のごく初期に乳酸菌を添加することで、アルコール発酵乳酸発酵を並行して行う。

通常の乳酸発酵はアルコール発酵完了後に行われるのに対して、co-inoculationはアルコール発酵とほぼ同時に並行して行われ、完了する。

そのため亜硫酸添加のタイミングを早めることができ、結果として微生物学的安定性を早期に実現し、ジアセチルの発生を抑制することができるため、より果実の香りが顕著に感じやすくなるメリットがある。

 

また、co-inoculationは醸造期間を短縮できるため、

・人件費の抑制

・作業管理の容易性

・エネルギーコストの減少

・市場へのより素早い供給

も醸造以外の分野へのメリットだとされている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→