はっぽうしゅ 発泡酒

発泡は日本の酒税法で定義されている酒類の一つ。

広義では「炭酸ガスを含んだ酒類全般」だが、一般的な意味で用いられる発泡は、ビール風味のアルコール飲料を指すことが多い。

 

日本のビールの規定は

麦芽比率50%以上であること。

・副原料の重量の合計は、使用麦芽の重量の5%の範囲内であること。

と定義されているが、ビール風味の発泡酒はこの規定から外れて造ることになる。

 

ビールは日本を代表する人気のある酒のため、国家としては大事な税源でもある。

そのため高い税率が課せられ、これが売価に反映しているが、この税率を回避するため多くの発泡はビールの規定に満たない麦芽比率にして低価格化を実現している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→