かんぞう 甘草

甘草(英:licorice仏:réglisse)

甘草は、主に熟度の高いブドウからつくられる赤ワインの香りの表現に用いるキーワードである(サムネイル画像中央)。

地中海地方、ロシア南部、中央アジア、中国北部、北アメリカなどに自生するマメ科の多年草で、根を乾燥させたものをスパイスや生薬として用いる。リキュールの香味の成分にもなる。

様々な品種の表現に用いられるが、特にローヌ系品種(シラー、ムールヴェードル、グルナッシュ)におおく表現される。

 


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→