Tarte Tatin タルトタタン

タルトタタン(仏:Tarte Tatin)はフランスの伝統菓子、型にバターと砂糖で炒めたリンゴを敷きつめ、その上からタルト生地をかぶせて焼き、ひっくり返したタルトである。

名前の由来は、1880年代にロワール地方でホテル(タタン・ホテル)を営んでいたタタン姉妹(Caroline et Stéphanie Tatin サムネイル画像)からきている。

主な材料は、リンゴ、小麦粉、卵、砂糖、バター。

合わせるワインはロワール地方の白ワイン。酸の高さが特徴の品種シュナンの甘口が合うとされる。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→