Belgrave シャトー ベルグラーヴ

シャトー ベルグラーヴ(Château Belgrave)は、ボルドー地方メドック地区、オーメドック地区(サーロラン村)の格付け5級ワインである。似た名前にBellegraveがあるが別のシャトーである。

1979年にシャンパーニュのコングロマリットのgroupe Thiénotが買収し、管理をsociété Dourtheが行っている。

1990年以降農業技術を徐々に変更し、すべての化学肥料を排除して農薬の使用を制限し、熟した果実を収穫量を減らして収穫し、生産している。


ブドウ畑:59 ヘクタール

ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー42%、カベルネ・フラン5%、プチ・ヴェルド3%

*メルローがさらに追加され、計画としては、残りのカベルネ・フランの樹を徐々に減らすとされている。

 

土壌粘土、石灰岩が堆積した深い砂利

立地:シャトーラグランジュ(サンジュリアン)の隣、ベイシュヴェル(サンジュリアン)のすぐ西にあります

熟成:フレンチオーク樽(新樽40%〜60%)ミシェルローランがアドバイスをしていた時期がある。

 


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→