かがやき(テイスティング) 輝き

投稿日:

輝き:(英)Bright(仏)Eclatant

テイスティングにおける輝きとは、光に反射する輝きで ワイン の照りや艶を見る、外観の指標の一つである。

輝きは酸度が影響していて、酸度が高いと色素は安定し、輝きは強く見える一方、酸度が低いと輝きの具合いは下がる。

また、酸化や熟成の度合いからも影響を受ける。

若い状態を保っているワイン(もしくは嫌気的な状態)は輝きが強く、

発展的または熟成したワイン(もしくは好気的な状態)は輝きの具合いが下がる。

網の目が細かいフィルターを使用して濾過した場合も、輝きの具合いは強まる。

 

表現方法:クリスタルのような/輝きのある/中程度


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→