Cantenac-Brownc シャトー・カントナック・ブラウン

シャトー・カントナック・ブラウン(仏語表記:Chateau Cantenac-Brownc)は、マルゴー ( Margaux ) カントナック ( Cantenac )地区の シャトー である。1855年に行われた メドック の 格付け で3級に分類された。

 

ブドウ栽培面積は60haであり、ブドウ の栽培比率は カベルネ・ソーヴィニヨン 65%、メルロー 30%、カベルネ・フラン 5%となっている。

 

セカンドワイン として「ブリオ・ド・カントナック・ブラウン」(Brio de Cantenac Brown)、を生産している。

その他にソーヴィニョン・ブランを90%、セミヨンを10%の比率で使用している白ワイン「アルト・ド・カントナック・ブラウン」(Alto De Cantenac Brown)を生産している。

この白ワインは僅か1.8ヘクタールというわずかな畑から造られる為、年産1万本弱と非常に希少なワインであり、2011年にリリースわれたものである。


1806年にスコットランド出身のフランス人であるジョン・ルイス・ブラウンがブドウ園を開拓し、彼の名前をこの地所に付けた。

シャトー・カントナック・ブラウンの外観はヴィクトリア風の装飾が施された、英国の荘園領主の邸宅をイメージさせるものであるのは、ジョン・ルイス・ブラウンの出身の影響とされている。

 

1989年に保険会社アクサの子会社「アクサミレジム」の所有となり本格的な復興を開始。

メドック格付5級シャトー・ ランシュ・バージュ (Chateau Lynch Bages)の評価を大きく高めたジャン・ミッシェル・カーズ氏をコンサルタントに迎えて醸造の改革に取り組み、設備や畑にも投資が行われ、大きく品質が向上した。

 

1996年以来、シャトーの運営指揮は、ジョゼ・サンファン氏が行っており、土壌およびブドウ樹、ならびにシャトーを取り巻く自然環境を重んじる基本理念のもと、化学肥料の使用を劇的に減少させたり、秀逸なテロワールの魅力を最大限に引き出す努力が重ねられている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→