Château シャトー

シャトー:(英)Chateau(仏)Château

シャトーはもともとはお城の意味で、中世の頃に建てられた建造物のことを指す。領地の象徴とされ、公共的な社交場として、王室の住居として機能していた。

 

ワイン においては ボルドー地方 のシャトーが知られているが、ここでいうシャトーとはお城の意味もあるが、同時にワイン造りの形態も指している。

通常ワイン造りは生産者の規模が大きくなると 栽培 と 醸造 が分業になることが多い。

ボルドーのシャトーは規模が大きく、本来であれば栽培と醸造を分業したほうが効率的なようにも映るが、シャトーワインと名乗る場合は畑を所有し、栽培 から 醸造 までを一貫して行うという意味がある。

 

畑を所有し、ぶどう栽培 から 醸造 までを一貫して行うということであれば、ブルゴーニュ では ドメーヌ と同義である。

しかし、ブルゴーニュ の ドメーヌ に比べて ボルドー の シャトー は規模が大きく、また、言葉の成り立ちも違う。

 

シャトー元詰め

ボルドーにおいてはMis en bouteille au châteauの文字がラベルに表記されることが多い。

これは1973年の ワインゲート事件 に代表される、ワイン界の不正に対する強烈な反省のメッセージである。

第二次世界大戦後、拡大するボルドーワイン界のビジネスは、ネゴシアン との長年の癒着の結果、ネゴシアン の立場が強くなり、結果として ネゴシアン が主導する形で不正が横行するようになる。

 

ボルドー では伝統的にワインづくりまでを各シャトーが行い、樽の状態で ネゴシアン に引き渡し、ネゴシアン が瓶詰めを行っていた。

しかし、ネゴシアン はボルドーの有名ワインに南フランスや北アフリカ産のワインをブレンドし、水増しして売り出すなどの不正に手を染め、これが長年ボルドーワイン界の悩みのであった。

 

この不正が1973年に発覚し、逮捕者を出すワイン界最大のスキャンダルとなり、一時ボルドーワインは世界中から信頼を失うことになる。

この不正への反省から、”瓶詰までをシャトーで行う”という意味のMis en bouteille au châteauの文字をラベルに明記をするシャトーが続いた。

 

メドックのシャトー

メドックでは1855年にシャトーワインの公式の格付けがされ、これが現在でも世界で最も影響力をもつ。

格付けは1級から5級にされ、1855年以降に相続で分割された数個のシャトーによって数は増えた。

シャトームートンロートシルトは1855年格付け時には2級の筆頭に記載されたが、1973年に1級に昇格している。

シャトーオーブリオンはメドック地区ではなく、グラーヴ地区であったが、唯一の例外としてメドックの格付けに組み入れられることとなった。

現在の格付けは以下の通り。

Premier cru classé

Château Haut-Brion, pessac-léognan

Château Lafite Rothschild, pauillac

Château Latour, pauillac

Château Margaux, margaux

Château Mouton Rothschild, pauillac

 

Deuxième cru classé

Château Brane-Cantenac, margaux

Château Cos d´Estournel, saint-estèphe

Château Ducru-Beaucaillou, saint-julien

Château Durfort-Vivens, margaux

Château Gruaud Larose, saint-julien

Château Lascombes, margaux

Château Léoville Las Cases, saint-julien

Château Léoville Poyferré, saint-julien

Château Léoville Barton, saint-julien

Château Montrose, saint-estèphe

Château Pichon Longueville Baron de Pichon, pauillac

Château Pichon Longueville Comtesse de Lalande, pauillac

Château Rausan-Ségla, margaux

Château Rauzan-Gassies, margaux

 

Troisième cru classé

Château Boyd-Cantenac, margaux

Château Calon-Ségur, saint-estèphe

Château Cantenac Brown, margaux

Château Desmirail, margaux

Château Ferrière, margaux

Château Giscours, margaux

Château d´Issan, margaux

Château Kirwan, margaux

Château Lagrange, saint-julien

Château La Lagune, haut-médoc

Château Langoa Barton, saint-julien

Château Malescot Saint Exupéry, margaux

Château Marquis d´Alesme Becker, margaux

Château Palmer, margaux

 

Quatrième cru classé

Château Beychevelle, saint-julien

Château Branaire-Ducru, saint-julien

Château Duhart-Milon-Rothschild, pauillac

Château Lafon-Rochet, saint-estèphe

Château La Tour Carnet, haut-médoc

Château Marquis de Terme, margaux

Château Pouget, margaux

Château Prieuré-Lichine, margaux

Château Saint-Pierre, saint-julien

Château Talbot, saint-julien

 

Cinquième cru classé

Château d´Armailhac, pauillac

Château Batailley, pauillac

Château Belgrave, haut-médoc

Château Camensac, haut-médoc

Château Cantemerle, haut-médoc

Château Clerc Milon, pauillac

Château Cos Labory, saint-estèphe

Château Croizet-Bages, pauillac

Château Dauzac, margaux

Château Grand-Puy Ducasse, pauillac

Château Grand-Puy-Lacoste, pauillac

Château Haut-Bages Libéral, pauillac

Château Haut-Batailley, pauillac

Château Lynch-Bages, pauillac

Château Lynch-Moussas, pauillac

Château Pedesclaux, pauillac

Château Pontet-Canet, pauillac

Château du Tertre, margaux


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→