Clerc-Milon シャトー クレール・ミロン

シャトー クレール・ミロン(仏:Château Clerc Milon)は、ボルドー地方のポイヤック村で生産される5級シャトーである。

1789年のフランス革命によって革命臨時国家に没収をされ、競売に付されたシャトーをクレール家が買い取り、“ミロン”という小集落名と結び付けられ、シャトー・クレール・ミロンという名がつけられた。


ムートン・ロートシルトとラフィット・ロートシルトの間という良い立地に恵まれ、ムートンの代わりとして十分楽しめると定評があり、近年は、4級に格上げされてもおかしくないとの高評価ワインを受けている。

 

主なブドウ品種:カベルネ・ソーヴィニョン50%、メルロー37%、カベルネ・フラン10%、プティ・ヴェルド2%、カルメネール1%

熟成:新樽40%使用し、16か月から18か月の間熟成される


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→