Cos Labory シャトー コス・ラボリ 

シャトー・コス・ラボリ:Château Cos Labory

シャトー・コス・ラボリは、 ボルドー地方 、 サンテステフ村 にある メドック格付 け5級のシャトーである。AOCは サンテステフ 。

cosという言葉は、Caux(小石の丘)に由来し、その名の通り 砂利質 の穏やかな丘に畑がならぶ。

ブドウ園エリア18ヘクタール(44.5エーカー)

ブドウ品種 (栽培比率): 60% カベルネソーヴィニヨン 35% メルロー 5% カベルネフラン

ブドウの木の平均年齢35年

植栽密度1ヘクタールあたり8,700本のブドウの樹

ワイン造りは温度管理されたステンレス製タンクで実施し、オーク樽熟成(新樽で50%)、年間生産量100,000本、 セカンドワイン には《シャルムドコスラボラリー》がある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→