Curaçao キュラソー

キュラソー(仏:Curaçao)は、オレンジ風味のリキュールの総称。もとはオランダのキュラソー島で栽培される柑橘類、ララハの乾燥果皮で味付けしたリキュールである。

キュラソーには様々な種類があり、オレンジ色のドライキュラソーと、鮮やかな青色に染めたブルーキュラソーが一般的である。

キュラソーリキュールは、伝統的にキュラソー原産のビターオレンジ、ララハ(小粒のライムの様な果物)の乾燥した皮を使用して作られている。

 

伝統的なキュラソーの製法は、ララハをアルコールと水に数日間浸し、その後、皮を取り除く。

そこにスパイスを加え、120年前の銅製スチルに96%の純度のアルコールを入れて3日間加熱する。

1日冷却した後、水を加え、さらに3日間蒸留する。リキュールはオレンジに似た風味で、苦味の程度は様々。青色のキュラソーは食用色素を添加したもので、その多くはE133ブリリアントブルーである。

 

ホワイト・キュラソーは、中世スピリッツにオレンジ果皮で香りづけする。代表銘柄はフランスロワール地方アンジェで生産されるCointreau(コアントロー)アルコール度数40度、糖度22.5%がある。

ブランデーに浸漬し、樽熟成させたものもあり、代表銘柄はGrand Marnier(グラン・マルニエ)アルコール度数40度、糖度27.1%がある。

 

ホワイト・キュラソーに着色料を加えたグリーン・キュラソー、レッド・キュラソーなどもある。

その他、コーヒー、チョコレート、ラム、レーズンなど、さまざまなフレーバーを加えたリキュールもキュラソーとして販売されることもある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→