d’Issan シャトー・ディサン

シャトーディサンは(仏語表記:Chateau d’Issan)、ボルドー地方、AOCマルゴー(Margaux)、コミューンはカントナック(Cantenac)にあるシャトーである。

1855年に行われたメドックの格付けで3級に分類された。

 

ブドウ栽培面積は41haであり、栽培比率はカベルネソーヴィニオン:62%、メルロー:38%、となっている。

シャトー・ディサンはセカンドワインとして「ブラゾン・ディッサン」(Blason d’Issan)を生産している。


古くからの名として知られていて、1152年にヘンリー二世とエレオノ―ルの結婚式に振る舞われたのはシャトーディサンだとされている。

その流れからか、シャトーは風格があり、堀で囲まれた城塞の様な石垣をある中世領主の館を思わせる。

 

1855年の格付け時にはキルヴァンと3級のトップ争いをするほどの名声を誇っていた。

第二次世界大戦で畑とシャトーは荒廃したが、その後に所有者となったクルーズ家のエマニュエルが再興に力を注ぎ、現在は評価を取り戻している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→