Excoriose エスコリオーズ

エスコリオーズ:Excoriose

エスコリオーズはカビによる病気の一種である。

病原菌は、Phomopsis viticola(フォモプシス・ヴィティコラ)。

 

前年のうちに雨や風などでカビの胞子が運ばれてブドウに付着し、翌年 萌芽 してから数週間のうちに増殖する。

枝は瘡蓋(かさぶた)状になり、剪定の際にこの枝を残すとカビの胞子が残り、翌年の枝にもこの症状が出るため、健全な枝を翌年用に残す必要がある。

 

また、対策として、感染した枝を可能な限り冬の間に燃やして、胞子を残さないことがあげられる。

世界のほとんどのブドウ栽培地域で発生し、特に春が涼しく雨が多いこと、そして成長期を通して湿度が高く穏やかな気候の地域で深刻化する。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→