どいつわいん ドイツワイン

ドイツ(ドイツれんぽうきょうわこく、独: Bundesrepublik Deutschland)、通称ドイツ(独: Deutschland)は、世界生産量8位(2018年)のワイン生産国である。

北緯47〜52度で、これは概ね樺太の緯度に相当し全般的には冷涼な産地だが、近年は温暖化の影響により以前に比べて冷涼なイメージは低下している。

 

特定地域(Bestimmtes Anbaugebiet)は13地域あり

栽培面積の多い順に ラインヘッセンファルツバーデン となっている。最も小さい地域は ヘッシシェベルグシュトラッセ。

 

栽培面積は白ブドウ面積が多く、白ブドウ約70%、黒ブドウ約30%となっている。


《ブドウ品種》

白ブドウ は、リースリング 、ミュラー・トゥルガウ、グラウアーブルグンダー ( ピノグリ )

黒ブドウ は、シュペートブルグンダー(ピノノワール)、ドルンフェルダー、ポルトギーザー

リースリング 24%のメインは変わらず、 グラウアーブルグンダー や シャルドネ が増加となっている。

 

2000年に入り有機農法に取り組む生産者が増え栽培品種は大きく変化し、耐カビ性品種(=PIWI品種)が注目されている。

2021年から収穫時の果汁糖度の基準から新ドイツワイン法へ施行され、また、これまでは甘口ワインのイメージが強かったが、食事に合わせやすい辛口ワインや赤ワインへのシフトも進み、ドイツワインはこれから大きい変化が訪れることが予測されている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→