Grand Puy Ducasse シャトー グラン・ピュイ・デュカス

シャトー グラン・ピュイ・デュカス(Château Grand-Puy Ducasse)は、ボルドー地方メドック地区、ポイヤック村の格付け5級のワインである。

格付け1級のシャトー・ムートン・ロスチャイルドやラフィット、ポンテカネなどに隣接した丘にあり、優れたテロワールを有している。

(サムネイル画像は1949年に描かれたシャトーのイラスト)


ブドウ畑:40ヘクタールで砂利土壌

ブドウ品種はカベルネ・ソーヴィニヨン63%、メルロー37%、

熟成は、18〜24か月熟成(新樽30〜40%)

 

所有者の歴史

17世紀半ば、アルノー・デュカスがジロンド川のほとりにある小さな家を購入し、3世紀にわたって所有

1820年ころ、現在のシャトーが建てられる

1855年に格付けシャトーに選出

1932年には、グランピュイ・デュカス社が設立

2004年、クレディ・アグリコルグループ(フランスを本拠とする総合金融グループ)の子会社が買収、シャトーの体制を強化中


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→