ぎりしゃわいん ギリシャワイン


ギリシャ共和国(ギリシャきょうわこく、ギリシア語: Ελληνική Δημοκρατία、英語:Greece、フランス語:Grèce)通称ギリシャは、南ヨーロッパに位置する共和制国家である。ワイン生産国としてはヨーロッパ諸国の中でも、最も古い歴史の国のひとつである。

 

ワイン造りは古く、紀元前4000年後半から始まったとされている。

紀元前1000年、古代ギリシャのの神(ディオニソス)は北部で崇拝され、後にローマ神話でバッカスと呼ばれるようになる。

 

レツィーナと言う松脂風味のフレーバードワインが有名であるが、これは古代ギリシャ時代、陶器のアンフォラに松脂(松の樹からとれる天然の樹脂)で封をして運搬していた為、松脂の香りが移った事が起源となっている。

 

《産地》

9つ地方がある

北部と中央部は、大陸性気候

沿岸部と島々は、地中海性気候

 

ブドウ品種

ギリシャは、300種類が存在し

赤白比率は、6:4

有名なブドウ品種として、白ブドウのサバティアノ(レツィーナの品種)、黒ブドウのアギオルニコがある。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→