のうたん(テイスティング) 濃淡

濃淡(強度):(英)intensity(仏)intensité

テイスティングにおける濃淡とは、ワインの色の濃さを示す、外観の指標の一つである。

ここからブドウの成熟度合い、抽出度合い、ワインの濃縮度を推測することができる。

 

特に赤ワインの場合、ブドウの色素量、固形部分(果皮種子)の比率に関連するので、濃淡から果粒の大きさ、果皮の厚さを推測することができる。

熟成期間と共に赤ワインは色が淡くなり、白ワインは深みを増す。

 

表現方法:非常に濃い、濃い、中程度、(白ワイン)淡い、(赤ワイン)明るい


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→