Jagermeister イエガーマイスター

イェーガーマイスター(独:Jagermeister)は、56種類のハーブとスパイスで作るドイツリキュールアルコール度数35度、糖度15.7%。ドイツのヴォルフェンビュッテルに本社を置くマスト・イェーガーマイスターSEの主力商品である。

イェーガーマイスターとはドイツ語で「ハンティングマスター:狩猟の達人」という意味がある。

1934年にヴィルヘルムとカート・マストによって開発され、レシピは誕生以来変わっておらず、現在も特徴的な緑のガラス瓶で提供されている。

 

イェーガーマイスターは、ハーブリキュールと呼ばれるリキュールの一種である。

ドイツ国内では、キレピッチュ、クーマンリング、シアーカー・フォイアシュタイン、シュバルツホッグ、ヴルツェルペーター、アンダーバーグなど、競合他社がかなりあり、中にはイェーガーマイスターに負けない人気を持つものもある。

イェーガーマイスターの原料には、シトラスピール、リコリス、アニス、ケシの実、サフラン、ジンジャー、ジュニパーベリー、ジャンシアンなど56種類のハーブ、果物、根、スパイスが含まれている。

これらの原料を粉砕し、水とアルコールに2〜3日浸漬する。この混合物を濾過し、オーク樽で約1年間貯蔵する。その後、再びろ過し、砂糖、カラメル、アルコールと混ぜ合わせる。

同社はイェーガーマイスターを氷で冷やして提供することを推奨しており、-18℃の冷凍庫で保管することを提案している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→