Léoville Poyferré シャトー・レオヴィル・ポワフェレ

シャトー・レオヴィル・ポワフェレ(Château Léoville Poyferré)は、ボルドー地方メドック地区、サンジュリアンにあり、メドック2級に格付けされているシャトーである。

ブドウ品種は栽培比率でカベルネソーヴィニヨンが61%、メルローが27%、その他プチ・ヴェルド8%、カベルネ・フランが4%を占めている。この地域の他のシャトーに比べてメルローの比率が高い。

テロワールは、植物の栄養に公平なバランスをもたらす砂利の少ない土壌である。

 

Château Léoville Poyferré

38 Rue de Saint-Julien, 33250 Saint-Julien-Beychevelle, フランス


この地は、フランス革命後、一時革命臨時国家に没収されたのちに競売に付され、その後に相続によって3分割された。

これによって現在のシャトー・レオヴィル・バルトン、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズがつくられた。

その後レオヴィル家のジャンヌがポワフェレ男爵と結婚したことにより、シャトー・レオヴィル・ポワフェレと名付けられた。

ブドウの収穫は全て手摘みで行われており、長期間熟成させることでスパイシーな黒系果実の凝縮した味わいを楽しめる。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→