せいちょうど(テイスティング) 清澄度

投稿日:

清澄度:(英)clear(仏)limpide

テイスティングにおける清澄度とは、ワインの透明感、健全度を示す、外観の指標の一つである。

ワインの健全度を測るという意味合いがあるが、無清澄、無濾過のワインは混濁していることがある。

 

また添加する亜硫酸の量を少なくしていたり、好気的な造りのワインにも混濁が見られることがある。

さらに、酸化熟成と共に清澄度は下がるとされている。

 

表現方法:澄んだ/中程度/やや濁った/濁った


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→