Lutte raisonnée リュットレゾネ

リュットレゾネ 減農薬栽培:(英)Sustainable practices(仏)Lutte raisonnée

リュットレゾネとは2004年にフランスで導入された減農薬栽培のことである。

農薬の必要性は認めた上で、その使用量を最小限にとどめるという考え方をとっている。

 

降雨や気温のデータをもとに、ブドウ の各の病気が広がる時期を予測し、最適な時期に最小限の農薬を使う、などの要素がある。

自然環境に考慮し持続可能な栽培を目指しつつも、農薬を一切使用しない栽培方法は、ブドウ の病気や収穫量の減少のリスクが大きい。

そこで最小限の農薬を使用しつつ、健全なブドウを育てるという考え方が広まった。

フランス では多くの生産者が取り入れている方法だと言われている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→