Lynch-Bages シャトー ランシュ・バージュ

シャトー ランシュ・バージュ(仏:Château Lynch-Bages)は、ボルドー地方、メドック地区、ポイヤック村にあるシャトーワイン。1855年に5級に格付けされた。ただし格付けこそ5級とされているが、現在は価格、評価ともに5級の扱いではなく、最上級の扱いを受けている。

カベルネ・ソーヴィニョン:“バージュの丘”と呼ばれる土地があり、ポイヤックでも出来の良いカベルネ・ソーヴィニヨンが収穫される事で知られている

ブドウ品種:カベルネ・ソーヴィ二ヨン、メルロー又はカベルネフラン、プティヴェルド

 

ニコラス・ラバンヌの責任の下、35人のチームが毎日のモニタリングに携わっている。

ブドウ園の構造は、土壌の質の調査と組み合わせた“星技術の使用により、2006年以来目覚ましい改善を遂げている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→