Mittelrhein ミッテルライン

ミッテルライン(独:Mittelrhein)は、ドイツ13生産地域の一つ。ライン河の沿いにあり、栽培面積が2番目に小さい地域である。赤白比率は、赤1.5 : 白8.5となっている。

 

産地の特徴:急傾斜面畑が圧倒的に多く、60%以上のブドウ畑が傾斜30度を超える畑があり、中には60度の畑も存在する。

急傾斜で働く労働コストのカバーをするのには、高品質の品種を扱わざるを得ない。そのため高貴品種のリースリングの栽培がラインガウに次いで高くなっている。

 

ブドウ品種

白ブドウ〉リースリング(65%)、ミュラートウルガウ

黒ブドウ〉シュペートブルグンダー

城塞がライン川両岸に点在し、風光明媚な情景は世界を見ても類はなく、大変貴重なものとしてユネスコ世界遺産にも指定されている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→