Mosel モーゼル

モーゼル(Mosel)は、ドイツ13地域の中で生産量第4位の地域である。

白ワイン比率が高く、赤白比率は赤9 : 白1となっている。

紀元前1600年、ローマ人がトリアー(場所)にブドウ栽培の技術をもたらしたのが始まりで、ドイツの中で最も古い産地として知られている。

《ブドウ品種》

白ブドウ〉【リースリング】、ミュラートウルガウ、エルブリング

伝統的な【リースリング】栽培地として高い名声を誇る

 

黒ブドウ〉シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)、ドルンフェルダー

 

土壌》粘板岩土壌で、斜面の4割が傾斜30度を超える(急斜面畑=シュタイルラーゲ)

 

《有名産地》

〈ベルンカステル地区〉

ベルンカステル(地区)ドクトール(畑)

ピースポート(村)ゴールドトレプヒェン(畑)

 

〈ザール地区〉

ヴェルティンゲン(村)シャルツホーフベルク(畑)


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→