よいん(テイスティング) 余韻

余韻:(英)Persistence(仏)Persistance en bouche

余韻とは、ワインの香味がとどまる時間、持続性を表す味わいの指標の一つである。

ワインを飲み込んだ(吐き出した)後に口中で残る風味のこと。

 

余韻の長さにはブドウの品種や成熟度合い、醸造方法やアルコール度数など様々な要因がある。

余韻の持続性が長いほど、ポテンシャルが高いワインだといえる。

 

口の奥を意識してとらえる。

表現方法:①短め:3~4秒 ②中程度:5~6秒 ③やや長め:7~8秒 ④長め:9秒以上


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→