Pfalz ファルツ

ファルツは、ドイツの生産地域 Bestimte Anbaugebiete のひとつ。栽培面積が2番目に大きい産地である。

ラインヘッセン の南に地続きにつながり、 ドイツ で最も温暖な気候とされている。おおむね白赤比率は6:4となっている。

 

白》 リースリング が主

シルヴァーナー 、 ミュラートゥルガウ 、 ゲヴュルツトラミネール 、ケルナー 、モリオムスカート とさまざま

国際品種には シャルドネ と ソーヴィニヨンブラン もある。

 

赤》 ポルトギーザー 、 ピノ・ノワール 、 ドルンフェルダー

赤はドイツ最大の産地である

 

醸造家として知られるハンス・ギュンター・シュバルツが「ブドウ畑では徹底的に世話をするが、ワイン造りではできる限り介入しない」というスタンスをとり、これを研修生に徹底させる。

シュバルツに学んだ研修生はその後にドイツ各地で活躍し、注目を集めることとなる。

そのうちの一つが若手醸造家団体Funf Freundelである。

1991年《フュンフ・フロインデ(5人の友達)》を結成。著名なソムリエやジャーナリストらの目にとまり、ファルツ地方でも世界に誇るワインが造られている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→