Prieuré-Lichine シャトー・プリューレ・リシーヌ

シャトー・プリューレ・リシーヌは、(仏語表記:Château Prieuré-Lichine)マルゴー(Margaux)カントナック(Cantenac)地区のシャトー。

1855年に行われたメドックの格付けで4級に分類された。セカンドワインは「コンフィデンス・ド・プリュレ・リシーヌ」(Confidence de Prieuré-Lichine)がある。

ブドウ栽培面積は72haであり、ブドウの栽培比率はカベルネ・ソーヴィニヨン:50%、メルロー:42%、プチ・ヴェルド:6%、カベルネ・フラン:2%となっている。

 

 

シャトー・プリューレ・リシーヌはフランス語で“小修道院”という意味の「プリューレ」と、オーナーのアレクセス・リシーヌの苗字を取って名付けられている。

プリューレの名が示すとおり、もとはわずか4haの土地で修道院のミサ用に細々と作られていたワインだったが、それが徐々に評判となり、市場に出回り人気を博すようになった、そんなエピソードが残されている。

 

1951年に『新フランスワイン』の著書で世界に名の知られたワインの評論家のアレクセス・リシーヌがシャトーを譲り受けた。

リシーヌは、シャトーに対して多大な投資を惜しまず、1989年には「それが豊かな果実味を支えるのに不可欠だと信じている」と宣言し、贅沢な新樽を60%取り入れ、ワインの品質を大きく高めることに成功している。

さらに1999年からは、サン・テミリオンの有名な醸造コンサルタントであるステファン・デュルノンクールがシャトーの責任者となり、「澱に触れる時間はできるだけ長く」という信条とともに、ワインにより深い果実味と舌触り、そして独自の個性をもたらしている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→