Rauzan-Gassies シャトー・ローザン・ガシー

シャトー・ローザン・ガシー(Château Rauzan-Gassies)は、ボルドー地方 ジロンド県 マルゴー にあり、メドック 2級に格付けされている シャトー である。

(サムネイル画像は19世紀の頃のシャトーのイラスト)

ブドウ品種 は栽培面積で カベルネソーヴィニヨン が65%、メルロー が25%、その他 カベルネ・フラン と プチ・ヴェルド がそれぞれ5%を占めている。

格付け第1級シャトー・マルゴーに隣接するシャトー・ローザン・ガシーの土壌は、典型的な砂利質である。


この地は16世紀までは、ガイヤール・ド・タルデスが所有しており、18世紀にはワイン商であるピエール・ド・ローザンが買収し、広大なローザンエステートの一部となる。

その後1855年にシャトー・ローザン・セグラ、シャトー・ローザン・ガシー、シャトー・デスミライユ、シャトー・マルキ・ド・テルムの4つに分割された。

1945年以降はキエ家が所有している。

 

シャトー・ローザン・ガシーは、通常6~8年の瓶熟成が良いとされている。熟成させることで、ブラックカラントやブラックベリーのアロマにシルキーで滑らかなタンニンをもつエレガントなワインに仕上がる。

このシャトーのセカンドラベルとして、ガシー、その他ロルム・ド・ローザン・ガシーというメルロー主体のフルーティーで柔らかなワインも展開している。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→