Strasbourg ストラスブール

ストラスブール(仏:Strasbourg)は、フランス 北東部にあるグラン・テスト地域(旧アルザス地域)バ=ラン県の県庁所在地である。

人口は約28万人、面積は78.26平方キロメートル、ライン川左岸 ドイツ 国境に位置する。

 

 

陸路と水路に恵まれており、交通の便の良さから商工業が盛んである。

白壁に木骨組みの家々が並ぶプティット・フランス(小さなフランス)、赤色岩で造られたノートルダム大聖堂、パレ・ロアンが観光の中心となっている。

 

ストラスブールの語源は「街道の街」であり、古くから交通の要塞として栄えてきた。

フランス と ドイツ の狭間で翻弄されてきた歴史を持ち、今もドイツ文化の影響が残っている。

現在は欧州議会などの重要な欧州機関がおかれ、EUの象徴的な都市である。「ヨーロッパの十字路」と呼ばれている。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→