Vitis coignetiae ヴィティス コワニティ

ヴィティスコワニティ:学名Vitis coignetiae

ヴィティスコワニティ は、日本に自生する ヤマブドウ が属する品種の一つ。

 

粒が小さく、 酸味 が強く、 甘味 はすくない。そのためワイン造りには不向きとされる。

江戸時代 には 葡萄酒 の原料として 日本酒焼酎 に付け込まれ、あるいは 果汁 を 添加 されていたとされている。

 


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→