ミニャルディーズ(プティフール)とは?役割と合わせるワイン

ミニャルディーズ(MIGNARDISE)は、広義ではプティフールと同様に、食後にカフェと一緒に楽しむ小菓子のことを指します。

ただし、ミニャルディーズは語源がかわいらしい(MIGNON)からきているのに対してプティフールはオーブン(FOUR)からきているため、若干の違いがあります。

 

ミニャルディーズはエクレアやシュークリーム、一口デザート全般であるのに対してプティフールはクッキーなどのオーブン菓子を指すことが多いです。

ただしレストランではどちらを使っても問題ありませんし、現在では違いがあるようには感じません。

 

ミニャルディーズの重要性

ミニャルディーズは、食後の印象を高め、余韻を楽しむために重要性は非常に高いと考えられています。

フランスの高級レストランでは、ミニャルディーズがないというのはほとんどなく、かならず食後のカフェと一緒に何かしらが添えられます。

また、ディジェスティフとシガーと一緒にミニャルディーズが楽しめれば、最高のマリアージュと言えるでしょう。

この場合のディジェスティフは、ポートやコニャック、貴腐ワインや遅摘みワイン、ヴァンドパイユなどが該当します。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。