【アルザス地方】ソムリエ試験・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

アルザス地方AOCの数が極端に少なく、教本においても6ページほどの分量しかありません。 本試験においても出題は1問あるかないかなので、なかなか本腰を入れて学習をするに気にならないのが受験生の本音でしょう。   しかし、分量が少な […]

【ジュラ・サヴォワ地方】ソムリエ試験・ワインエキスパート試験過去問

ジュラ・サヴォワ地方フランスの中でもひときわマイナーで、かつ出題頻度も少ないため捨て門にする人は多いかもしれません。 実際にWBSでも講義では20分程度の本当に簡単な解説で終わらせていますので、重要性を感じない方が普通の感覚です。 &nb […]

【ラングドック・ルーション】ソムリエ・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

ソムリエ試験の三大科目はワイン概論、フランス、日本だとWBSはとらえています。 このうちフランスは絶対に苦手科目にしてはいけないと断言できるほど重要度は高いと考えています。 試験での出題数も多いですが、それ以上にワイン界での存在感は圧倒的で […]

【南西地方】ソムリエ・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

南西地方フランスワインの中でも地味で、かつ、のっぺりとワイン産地が広がっているように見えるため苦手意識を持ちやすいカテゴリといえます。 実際にはボルドー地方のガロンヌ川、ドルドーニュ川の上流域が主な産地となっているため、川の沿岸に産地が広 […]

【ロワール】ソムリエ試験・ワインエキスパート試験の過去問と勉強方法

ロワール地方フランス最長の河、ロワール川沿岸のワイン産地で、上流から順にサントルニヴェルネ、トゥーレーヌ、アンジューソミュール、ペイナンテの4地区に分割されています。 (書籍によってはさらに上流域の区画を合わせるものもあります) &nbs […]

【ローヌ】ソムリエ試験・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

ローヌ渓谷地方は北部(セプタントリオナル)と南部(メリディオナル)に分かれ、一般的には高級ワインが密集する北部とリーズナブルなワインが並ぶ南部になっています。 ワインファンの心理としてはどうしても北部の高級ワインに注目がされがちですが、出題 […]

【ブルゴーニュ】ソムリエ・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

ソムリエ試験、ワインエキスパート試験においてはブルゴーニュ地方は範囲が広く、苦手意識を持つ方も多い分野です。 というのもAOCの数がフランス一多く、そのためボルドーの格付けのように階層的に覚える部分があり、これが受験生に苦手意識を持たせてい […]

【フランス概論】ソムリエ・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

ソムリエ試験・ワインエキスパート試験の勉強で案外見落とされがちなのが概論です。 例えば今回の様なフランス概論、イタリア概論などのような国別の概論、さらにはブルゴーニュ地方、ボルドー地方などの地方別の概論もあります。   代表的な問 […]

【ボルドー】ソムリエ・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

ソムリエ試験、ワインエキスパート試験で最初にイメージするのはおそらくボルドー地方の学習でしょう。 おなじみの61シャトーの暗記に加えて膨大な量のAOCもあり、これらを一つ一つおぼえるのがこの試験の一つの儀式になっている感すらあります。 歴史 […]

【シャンパーニュ】ソムリエ・ワインエキスパート試験過去問と勉強方法

シャンパーニュは知名度としてはスパークリングワインの中では圧倒的で、経済的に見てもフランス国内での重要度も極めて高いです。 付け加えてワイン界での存在感もあり、経済インパクトも強いので主催者側としては問題数を減らすことはできず、例年2~3問 […]