でんとうこく 伝統国

ワイン における 伝統国 とは、20世紀以前から現在の ヨーロッパ の ワイン の原型となる ワイン を生産していた国を指すことが多い。

ただし制度や法律などで決められているものではないため、どこまでが 伝統国 でどこからが 伝統国 でないかはあいまいな点も多い。

 

伝統国 に対比する言葉として ニューワールド があり、 ニューワールド は 伝統国 の ブドウ品種 や製法、 味わい を参考にしてワインづくりをしているとされている。

 

ヨーロッパ における 伝統国 は、おもに フランスイタリアドイツスペインポルトガルオーストリアハンガリー などの国を指すが、これ以外の ヨーロッパ 各国や 東欧 も 伝統国 と呼ばれることも多い。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→