スクールからのお知らせ

直前模試のご案内

ワインブックススクールでは、5月1日から8月31日までソムリエ・ワインエキスパート試験の直前模試を実施します(一般会員様のみ、ソムリエ、ワインエキスパート共通の試験となります)。

一般会員様は無料でご利用いただけます。

スクールトップページにてご案内をしますので、皆様のご参加をお待ちしております。

 

問題数は120問で回答時間は60分、最新の教本からの出題もありますので、本試験同様の環境で現在の実力を計っていただけます。

問題のレベルは本試験と同様にいくつかの難易度のランクに分け、120問をランダムに出題いたします。

(スクールの定期試験は本試験よりも難易度が高いため、それよりも難易度は下がります。ふだんの定期試験でふるわない方も深くは心配しないでください。)

 

また、合格の目安を試験後すぐに判定しますので(A判定~D判定)、現段階での理解度を計っていただけるようになっております。

 

この試験はおひとり3回まで受験できますので、以下のようにお使いいただくのがよろしいかと思います。

 

1回目のご利用(重要)

受験の申し込みの前に(5~6月ころ)、ある程度の実力を判定するために利用する。

→ソムリエ・ワインエキスパート試験を申し込みをする前に、大体の実力を検討します。

 

・すでに合格に足りる実力がある

・まだそこまで達していないが、ここから十分に追い込みをすれば合格は十分に可能だ

・まだ理解は不十分だが今年受験する

・今年の受験は回避して来年に向けて気持ちを切り替える

 

これらの検討材料にご判断いただけます。

直前模試公開の前に、動画で解説をさせていただきますので模擬試験の結果で一喜一憂することのないようお願いいたします。

通常、資格試験は直前期になりますとピーキングといって普段以上の力を発揮できることが多いです。

現段階ではまだ点数は足りないけど、本番では驚くほどいい結果が出たということも珍しくありません。

 

その一方で、やはり今年の受験は控えたほうがいいと判断するのも一つの決断です。

もちろんすべての方が今年合格するのが理想ではありますが、試験は来年も行われますので、無理して受験をせずにいるのも一つの手段です。

 

2回目のご利用

1次試験直前の本番環境と同様の経験に利用する

→ソムリエ・ワインエキスパート1次試験は7月20日から8月末日までとなっておりますので、その直前に利用する

(7月から2期目がスタートしますが、もちろん受講されても全く問題ございません。また、筆記試験直前講座、テイスティングの直前講座がございますので、できればご受講ください)。

その後に学習を進め、1次試験の直前に本番環境を意識して受験をする。

 

3回目のご利用

ソムリエ・ワインエキスパートの1次試験は2回まで受験が可能です。

残念ながら1回目は失敗したけど2回目の直前に本番同様の環境で準備をする

 

これらのご利用方法がございます。

もちろん、試験直前に一般会員になられてもご利用いただけますので、まだ会員になられていない方も今のうちにご参考くださいますようお願いします。

 

(この記事は随時更新します。)

 

【ご注意点】

①この試験は3回までの受験になりますので、計画的にご利用ください。

②問題数が多いため、試験後の解説は間違えた問題のみになっております。

また、メールには結果のみをお伝えするようになっておりますので、解説はございません。サーバーへの負担を検討したうえでの判断ですので、予めご了承ください。

③60分の時間は本試験を検討して中断ができないようにしております。必ずまとまった時間が取れるときに受験をしてください。

④試験は複数の人間によりチェックを行っておりますが、万が一不具合があった場合はカスタマーセンターよりご連絡ください。

⑤データ量が多いため、お使いのデバイス、環境によっては読み切れない場合もございます。できる限り通信状態のよい環境で受験ください。