テイスティングについて相談です

  • このトピックには3件の返信、3人の参加者があり、最後に匿名により6ヶ月、 3週前に更新されました。
4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #12430
    匿名

    こんにちは。
    初学者なのですが、ワインキスパートの試験を受けてみようと思っております。
    そこでご相談です。
    一次試験は「努力と根性」でおぎなえそうだと思いましたが、二次試験は努力でどうにかなるものではなさそうだと理解しました。
    時期的に早いのかもしれませんが、仕事をしながらなので少しづつ鍛えていけたら嬉しいと思っております。
    白と赤と3種類づつくらいを用意して飲み比べながら感じ方を理解することが良さそうだという事はわかりましたが、具体的なオススメの商品があれば教えていただきたいです。

    ネットで色々情報が出ているのですが、例えば「シャルドネならシャブリ」と言ってもシャブリって種類がいっぱいあるけど。。。どれ買えば良いのだろう?というところで止まってしまいます。

    こちらでテイスティングのことまでご相談して良いのかどうか。
    もし「オススメ」というものがあって、教えていただけるようでしたらお願いいたします。

    #12431
    WINEBOOKS-SCHOOL
    キーマスター

    ご相談ありがとうございます。
    ①スクールの教材として、3月ころにテイスティングの第1弾として、基礎的なワインとその講義をセットで販売する予定です。
    こちらは当初は7月ころの予定でしたが、生徒様から多数のリクエストをいただきましたのでこれを早めたものでございます。
    ② ①とはまた別に応用的なワインをその後に販売予定となっております。基本的にはワインブックスで基礎的な力をつけていただき、そのうえで個別にテイスティングをブラッシュアップしていただければ合格に足りる力は得られると考えております。

    テイスティングにつきましても今年の試験にしっかりと対応しますので、今しばらくお待ちください。

    #12433
    匿名

    そうなんですね!てっきりまだまだ先の話かと。
    ありがとうございます。
    楽しみにしております。

    #13111
    匿名

    以前からYouTubeでワイン・テイスティングの動画を週に何本か見ていたのですが、先月上旬に発見し、以来ハマっているのが Winekingというチャンネルで、フォロワー数が23万人越えで、ワインのカテゴリーで世界一になっています。韓国系のJayさんが、現在Master of Wineの称号を持つ年配のアメリカ人2人(PatrickさんとPeterさん)と共同運営して居ます。以前は細々とやっていたチャンネルのようですが、昨年10月にイタリアで起きた偽造サッシカイア(総額4億円超え)事件の主要輸出先が韓国だった事もあってか、韓国語、日本語など複数言語の字幕で観れるこのチャンネルの人気が急上昇し、現在のワイン部門1位の座まで上り詰めています(Jayさんは8カ国語を自流暢に話せます)。今は韓国系の視聴者コメントの割合が高いですが、アメリカ人を中心とした英語のコメントも多いです。
     さて、このチャンネルを観ていて学んだというか、実践するようになったのが、ワインの温度です。ワインのタイプや品種で異なる温度設定を(リモート式の温度計を使って)正しく行ってから飲むようになったら、以前と比べてワインの味が大分良くなりました。イギリスのソムリエのフォーラムを読むと、「空気に触れる時間より、温度設定(Serving Temperature)のほうが大事だ」という投稿が多いのには以前から気付いていたのですが、同チャンネルのMaster of Wine2名の1人、Patrickさんによると、「デカンタージュよりも温度の方が大事」なのだそうです。(ちなみに、Master of Wineは1955年にロンドンでスタートしましたが、これまで称号を獲得したのが世界中で300人ちょっと、うちアメリカ人は30名位、試験はテイスティングだけで4日間にわたって行われます)。今日もこのチャンネルの動画を観たのですが(どちらかというと地味な方でしたが)、動画の最初~中盤で10種の安価な赤ワインをJayさんとMaster of Wine(PatrickさんとPeterさん)で開封直後のワインをテイスティングし、厳しいコメントをあれこれと言っていたのですが、半日経って同じワイン(ボトルに栓をして常温保存していた物)をテイスティングしたら、見違えるほど美味しくなっていた(特に、フルーティーなアロマが芳醇になっていた)とJayさんとPatrickさんが盛り上がっていました(以前の動画でも同様なコメントはありましたが)。そこで質問ですが、
    1.ソムリエ・ワインエキスパート試験のテイスティングでは、開封直後あるいは開封後どの位たった物が提供されるのでしょうか?デカンタージュはしないと思いますが。
    2.温度設定はどうなのでしょうか?同じ赤、白、でも品種によって異なるので、室温と支給時の温度(Serving Temperature)のみが厳しく決められているのではないかと思いますが。
    1.2.ともに試験用に(開栓直後の)閉じたワイン、セラーから取り出したばかりの(温度低めの)ワインが出されるのであれば、家でワインを飲む際は、そのようなワインをまずは少量テイスティングし、あとはもっと美味しくなるように温度調整、デカンタージュした物を飲めばよいので、試験時の温度・(開栓後の)時間が知りたいです。
    ちなみに、先述のwinekingの動画のリンクは以下の通りです。

    よろしくお願いします。

4件の投稿を表示中 - 1 - 4件目 (全4件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。