ワインの糖度、残糖についての質問

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にna_naにより4ヶ月、 2週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #12541
    na_na
    参加者

    いつもお世話になっております。
    甘口ワインの糖度、残糖についての質問です。
    例えば、Quarts de Chaume においては
    糖度は298g/ℓ以上、残糖85g/ℓを超える
    とあります。
    この表記の糖度と残糖の違いは何でしょうか?
    糖度は、発酵前の果汁を
    残糖とは、発酵したあとのワインでの
    ということでしょうか?

    よろしくお願いします。

    #12543
    WINEBOOKS-SCHOOL
    キーマスター

    ご質問ありがとうございます。ワインブックスの前場です。

    ご理解はその通りで全く問題ございません。

    糖度(sucre)と残糖(Sucres résiduels)の関係です。

    Quarts de Chaumeであれば、 

    ①発酵前の果汁1リットルあたりに298グラム以上の糖度が含まれ
    かつ
    ②発酵後の糖度が85グラムを超える

    ことがQuarts de Chaumeを名乗る基準とされているということになります。

    スパークリングワイン以外の糖度において、甘口DOUXの基準は45グラム以上ですので、それよりも倍近い糖度が求められているということになります。

    ご参考までに、シャンパーニュは

    ①発酵前の果汁に補糖をした(あるいはしない)185グラム/リットルの糖度の果汁から
    ②残糖0、アルコール度数11%のワインを造り
    ③そこから24グラム/リットルのティラージュを添加して
    ④最終的に12.3%程度のシャンパーニュとなる

    が目安となっています。

    ご参考ください。

    #12549
    na_na
    参加者

    前場様

    早速のご回答ありがとうございました。
    参考に上げていただいた資料もとてもためになりました。

    最初にソムリエ試験を受けた時は、
    糖度を機械的に覚えていましたが、
    基準から比較するととても分かりやすいですね!

    グラス一杯に換算して、水にお砂糖を溶かしてテイスティングなんて実験をしてみると
    分かりやすいかもしれませんね!
    スパークリングの場合は炭酸水に砂糖を溶かしてみたりなど。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • このトピックに返信するにはログインが必要です。