ワインのラベルを確認してみました

こんにちは。斉藤と申します。

ワイン概論やフランス概論に出てきたA.O.P.・
I.G.P.やヴァンドフランスがどのようにワインのラベルに表現されているか、日用品の買い出しの際にワインコーナーに寄って確認し買ってみました。

それぞれ、ラベルの真ん中や上下に表記がありました。

「appellation bordeaux protegee」とか「appellation bourgogne protegee」などと書かれていることが多く、今回は「appellation d’origine protegee」と表記のあるものを買ってきましたが、真ん中に地名が入るのかな?などと思いながらラベルを眺めてました。

I.G.P.やヴァンドフランスは見つけるのが難しくて、色んなラベルを読んで回ってやっと発見。

あれこれ考えながらラベル眺めたので、少しワインの種類について理解が深まった気がします。

ラベルをしっかり読んだことがなかったのですが、なかなか面白い。

週末は家にいる時間が長いので、まずはヴァンドフランスから飲んでみようと思います。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→  

ワインのラベルを確認してみました” への4件のフィードバック

  1. ラベルのAOPとかAOCは、真ん中に地名が入るものと入らない2パターンがありますよね。

    いろいろ試していただけているようで、嬉しくなりました^^

    1. コメントありがとうございます!
      実物を見たり触ったほうが覚えられそうな気がするので、ブログに書くのを目標にして頑張ってみます(^^)

    1. コメントありがとうございます(^^)
      少しずつ知識が増えていくのが楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。