ナンチュアソースのようなもの

こんにちは。

ジュラ・サヴォワ南西地方に関連しそうなものないかな、とスーパーで探してたらハインツのアメリカンソースを見つけたので、ホワイトソースと混ぜてナンチュアソースのようなものを作ってみました。

ザリガニやオマール海老ではなく普通の海老を開いて焼いてもらい、それっぽく盛り付けてもらうことに。

ちょうどアボンダンスチーズも売ってたので、ジュラ・サヴォワのコンビネーションで楽しんでみました。

甲殻類のソースを普段使うことはないのですが、なかなか風味が良い感じ。

色んなワインと合わせて試したいと思いました。

今回はビールのワインが一緒でしたが、いつかジュラのヴァンジョーヌとかと合わせてみたいです。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→  

ナンチュアソースのようなもの” への2件のフィードバック

  1. ナンチュアソースとは、古典フレンチファンが喜びそうなレシピですね^^

    1. ありがとうございます!聞いたことがなかった料理を知ることができて楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。