ウェブ講義関連スクールからのお知らせ

二次試験対策 テイスティング個別指導のご案内

一次試験のさなかに早くも二次試験対策のお知らせをさせていただくことを最初にお詫び申し上げます。

一次試験がまだの方は、ぜひ最高の力を発揮して臨んでください。

 

ワインブックススクールでは、二次試験対策としてテイスティングの個別指導を4回に分けて行いますので、そのご案内です。

(大変に恐れ入りますがこの講義は一般会員様のみとさせていただきます。)

ご参加は一般会員様であれば無料です。二次試験を受ける方も、受けない方でも問題ありません。

できる限り多く受講されることをお勧めします。

 

 

日程

9月6日(月)19:00~

9月14日(火)19:00~

9月20日(月)19:00~

9月27日(月)19:00~

講義10分前になりましたらご招待のメールを送らせていただきますので、そちら方ご参加ください。

二次試験を受ける方はできる限り多く受講していただき、少なくとも1回は受講されることをお勧めします。

受講生様のプライバシー保護の目的で収録はいたしませんので、予めご了承ください。

 

*負けないテイスティング講座が9月13日(月)19:00~ございますので、できる限りそちらもご受講ください。

 

ご参加は、こちらのライブ講義のページからお願いいたします→

 

講義内容

グーグルミートでの個別の指導となりますが、ほかの受講者様の参考になるように、受講者様はどなたの指導も聞けるようになっております。

持ち寄りのワイン(注1)を1種類、8分間でテイスティングシートに記入していただきます。

テイスティング試験は制限時間との戦いです。あらかじめ8分間で設定して本番に備えましょう。

 

記入はすべてオンラインでグーグルフォームを使います。PCやスマホなどのシステムで完結できますので、ノートやペンの必要はございません。

グラスに注いでいただき、8分間のテイスティング後、お一人ずつテイスティングの指導をさせていただきます。

その間は受講者様は指導内容をお聞きいただき順番をお待ちください。

ほかの受講者様へのアドバイスをご自身のテイスティングの参考にしてください。

 

持ち寄りのワインについて

持ち寄りのワインは、以下の通りとします。

・小売価格で2000円~4000円

・購入もと、インポーターはどこでも構いません。

ワインブックスのテイスティングワインはすでに解説動画がありますので、それ以外でお願いします。

・収穫年は2014年~

・生産国は問いませんが、出題の実現性から検討してブドウ品種を限定させていただきます。一つの品種が85%以上のものを持ち寄りください。

白→シャルドネ、ソーヴィニョンブラン、リースリング、甲州、ゲヴュルツトラミネール、シュナンブラン、ガルガネーガ、コルテーゼ、ヴィウラ、ムスカデ、アルバリーニョ、グリュナーフェルトリーナー、トロンテス、

赤→カベルネソーヴィニョン、ピノノワール、サンジョヴェーゼ、シラー/シラーズ、カベルネフラン、マスカットベリーA、メルロー、ネッビオーロ、テンプラニーリョ、マルベック、タナ、

 

記載が左から右に順に出題の可能性は少なくなり、回答は割れる傾向にあります。

二次試験の王道はほかの受験生が外さないワインを正確に回答(コメント)することにつきますので、可能性の低いワインの持ち寄りは積極的にはお勧めしません。

後半部分のワインの持ち寄りは前半部分のワインに自信がある方に限定させていただきます。

 

個別指導について

・ラベルとワインの外観を拝見させていただきますので、お顔出しは結構ですがカメラは有効にしていただく必要があります。

できる限りお顔を伏せたい場合はマスクなどで隠してご参加ください。

・おひとりのお時間は5~10分程度となりますが、それ以下の場合もありますし、それ以上かかる場合もございます。

・本当に申し訳ございませんが、あまりにもご理解が足りない場合は個別の指導は回避し、ワインブックスのテイスティング教材を受講されてからご参加されることをお勧めする場合がございます。

もっとも、これは稀なことですので必要以上に不安に感じないようお願いいたします。

・品質保持のため、アドバイスが終わりましたらお礼をお願いいたします。

 

皆様のご参加をお待ちしております!

コメントを残す