オレンジ色の雨

【最終更新日】2021年2月12日

ご近所の方に頂いたワインが美味しかったので検索してみた所、製造所は家から約5km、ジュネーブ州からヴォー州に入った所ということで、サイクリングがてら行ってみようと思ったら、外はオレンジ色の雨。車に変更です。
これはサハラ漠から低気圧に乗ってやってきた砂が雨に混じったもので、数年に一度発生するそうです。
この砂はミネラルを運んでくるそうで、海や土壌に良い影響があるそうですが、調べてみると、土壌のミネラルがワインの味に影響があるという説と、全く無いという説の両方が見受けられます。
まだブドウの木には葉も実もついていませんが、2021年のスイスワインの出来が良い事を祈るばかりです。

WINERY AND TEAROOM IN COMMUGNY


ここは小さなヴィニェロンですが、直売所には赤、白、ロゼ、単一ブドウ、アサンブラージュと一通り揃っており、全てのワインは普通サイズ、マグナム、500mlと、大変親切な売り方をしてくれています。
今回は赤のアサンブラージュ、ピノノワールと、ジュネーブ人の大好物、ガメイのロゼを全てお試しサイズの500mlで購入しました。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→  

オレンジ色の雨” への2件のフィードバック

  1. ものすごい貴重な画像の様な気がしてきました。こうなると”サハラのミネラルのワイン”と言いたい人はいるかもですね^^

    1. そうですよね。過去にこの現象の起こった時期と、その年のワインの評価が気になってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です