あるこーるはっこう アルコール発酵

ワイン における アルコール発酵 は、ブドウ果汁に含まれる糖分を、酵母がアルコールと炭酸ガスに分解することで生じる。

化学式は以下の通り。

C6H12O6(ぶどう糖・果糖)→2C2H5OH(エチルアルコール)+2CO2(炭酸ガス)

 

この化学式はフランスの科学者Joseph Louis Gay-Lussac(1778~1850)が解明した。

ただしGay-Lussacの研究では アルコール発酵 のメカニズム、化学式は解明できても、何が原因でその変化が起こるのかが突き止めきれなかった。

 

後年になって、この アルコール発酵 を 酵母 と紐づけたのがフランスの生化学者Louis Pasteur(1822~1895 上部写真)だった。


 

【ワインブックスオンラインスクールのご案内】



このサイトは、ワインブックススクールの運営です。

ワインブックススクールでは、月額2200円で、いつでも、どこでも、誰でもワインの学習ができる環境が整っています。

ソムリエ・ワインエキスパート試験の対策に

趣味のワインライフに

エクセレンス試験の対策に

飲食店の頼もしい見方に

ご活用ください。必ずお役に立てることをお約束します。

詳しくはトップページをご覧ください→